フリーランサーとして成功するための6つのポイント

フルタイムのフリーランサーとして成功するためのポイントを学び、自由で充実した生活への道を計画するためにお役立てください。


Photo by Annie Spratt on Unsplash

家で仕事をし、自分で時間を決め、自分自身が己の上司となることを望みますか?それは、働き方を考える上で、理想的なスタイルの一つでしょう。フリーランサーとして成功するための6つのポイントを知り、理想へ向けて今日からスタートしましょう!


1. 足場を固める

あなたの仕事に価値を見出し、高い料金を支払ってくれる長期のクライアントを少数確保することがもちろん理想的ですが、最初からそれを達成できるフリーランサーはほとんどいません。


このギャップを埋めるための方法の一つに「Conyac」のようなフリーランス向けのウェブサイトがあります。正しい方法でアプローチすれば、得られるスキルとお金は非常に価値のあるものとなります。


あなたが理想とする状態になるまで、収入を増やすためには、他にも何らかの対策を講じる必要もあるでしょう。 何かしらの足がかりがあれば、戦略的にどのように活動を進めていくかを明確にする時間が得られるでしょう。 例:

  • 経験のある仕事でアルバイトする

  • 両親と一緒に暮らす

また、コストを最小限に抑える方法を見つけることに対して、常に創造的であることも必要と言えるでしょう。


2. 自分自身をブランディングする

プロとして扱ってもらうためには、自分自身をプロフェッショナルとしてブランディングする必要があります。 多くの人にとって、リアリティがイメージに与える影響は大きいからです。


そのために考慮すべき項目を以下に挙げます。

  1. ビジネス用のEメールアドレス、Webサイト(ブログ)を作成する

  2. Webサイト(ブログ)に関してどこから始めればよいかわからない場合は「Strikingly」「Squarespace」「Wix」のいずれかがあなたのニーズとマッチするでしょう

  3. ターゲットとするクライアントが多く時間を費やす可能性が高いSNSに、2,3個アカウントを設定し、彼らにリーチするために毎日投稿をする

  4. Moo」などのサービスを利用して名刺を用意する

  5. ワードローブを整理し、ネットワーキング用の服装を1セット用意することで、ビジネスの場で正しい印象を与えられるようにする

3. 正しい関係を築く

私たち人間は社会的な生き物です。志を同じくする人々と質の高い繋がりを構築することによって、私たちの成長を大きく加速させることができます。正しい関係を築くことで、紹介によって新しい仕事を得ることや、必要な時に専門知識を得ることが可能となります。


しかし、繋がった関係により恩恵を受けることが可能となるまでは、時間がかかります。その過程を加速させるためにも、以下の点に留意しましょう。

  • 内向的な気質であれば、姿勢、声の調子、そして正しくアイコンタクトをすることなどに取り組む必要があるでしょう

  • より深く質問をすることで、相手への真の関心を示しましょう

  • あなたが人々のために何ができるかに焦点を当て、その分野において頼られる人になるための努力をしましょう

  • あなたと同じことをしている人たちと交流するのではなく、補完的な専門知識を持った人たちと出会う場所やイベントに行きましょう

4. ターゲットクライアントに直接連絡する

ネットワーキングに加えて、自身のサービスを提供したい人や企業に直接コンタクトすることにも価値があります。


人によっては少々強引な手段に思えるかもしれませんが、正しいアプローチをとり、機転を利かせ、粘り強くある限り、大いに恩恵を受けることができます。


対象とする企業のブログ、Webサイトおよびソーシャルメディアをチェックし、アプローチの際には、必ず個別化を図ってください。あなたがフリーランスとして利用可能であることを伝え、あなたの実績などを確認できるリンク(Webサイトなど)を伝えましょう。


返信がない場合でも、必ずしも拒否されたと捉える必要はありません。単に、担当者があなたからのメッセージを見逃していたり​​、フォローアップしようとしていたが忘れてしまったという可能性もあります。アプローチリストを保管しておき、後日また連絡を試みましょう。


多くの企業は、フルタイムのスタッフを雇うリスクを負うよりも、フリーランスをうまく活用したいと考えています。そのため、あなたが料金に見合う価値を提供し、正しいアプローチをとることが、仕事を得ることに繋がるでしょう。


5. ビジネスのように扱う

フリーランスをビジネスであると考えることは、あなた自身に権限とモチベーションを与え、可能な限り最高のサービスを提供することにつながります。さらに、サービスの販売方法、クライアントとのコミュニケーション方法、予期せぬ要求への対処方法が変わることでしょう。


そして、自身のサービスと同等あるいはそれ以上の競合について理解することで、自身のビジネスの価値を知る必要があります。自身のサービスが市場の上位に達した場合、コモディティ化を避けるべく値段以外の部分で付加価値をつけることで、ユニークなサービス提供者であると位置づけることができるでしょう。


ただし、活動を始めたばかりの時点では、実績と顧客を得るためにかなり低い料金で仕事を得ることになるでしょう。それは将来に向けた、実績作りや初期投資と見なしましょう。


また、事業としての業務の一部には、経理および事務処理なども含まれます。それらが不得意である場合は、それを補完できるオンラインサービスや、サービスプロバイダを見つけましょう。


6. 複数の収入源を確保する

フリーランサーや個人で活動している場合、病気や怪我が原因で、駆け出しのビジネスが完全に停止してしまうことがよくあります。休暇や旅行をする場合でも同様です。


もちろん、ビジネスを構築する際には、あなた自身が関与することが重要ではありますが、複数の収入源を確保することが不可欠です。いわゆる「不労所得」などは、仕事ができない時でも収入源として機能し続けるでしょう。


これらには、コンテンツなどのオンラインプロダクト、広告収入が発生するブログ、投資などが含まれます。将来的に、ビジネスの柱の一つとするためには、必要に応じて複数のビジネスを行き来する必要があるでしょう。


まとめ

ここまでのすべてを読んだ上で、フルタイムのフリーランサーになることは難しく、尻込みしてしまうと感じた場合は、まずは副業として始めることを考えてください。「Conyac」などのフリーランサーサイトに登録して、少しずつ始めていきましょう。


フルタイムでもパートタイムでも、フリーランスでの活動は競争です。重要なのは、自身がサービスプロバイダとなり、顧客の利益を生み出し満足させることを目指すという考え方を持つことです。

Original by DLKR published on Xtra.blog (English)

Xtra.Studioについて

フリーランサーに役立つ各種情報、収入up、スキルup、良い仕事の見つけ方、そして充実したライフスタイルを生きる方法などのトピックスについて扱っています。

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Forum
  • Jobs

© 2019-2020 Xtra株式会社 | English